松浦秀則の家族と子供について。経歴や年齢も調べてみた

観光バス

名古屋駅から愛知県営の名古屋空港に向かっていた空港バスが横転し、炎上。
バスは横転し、燃え尽きた状態でかなりの事故になっていますね。

事故を起こしたバスは、愛知県小牧市の観光バス会社「あおい交通」が運行していたそうで、 以前から会社自体、あまり評判が良くなかったとも。

 

あおい交通の会社理念で代表取締役社長の“松浦秀則”氏は輝かしいことを掲げていたんですけどね・・・ 今回は

ここをチェック!

松浦秀則の家族と子供について。経歴や年齢も調べてみた

として調べてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

松浦秀則(あおい交通社長)の家族と子供について。

大変つらい事故ですが、「あおい交通」の運転手の態度が悪い・運転が下手など、 バス会社としては評判の悪さが目立つところ。
代表取締役社長の“松浦秀則”氏とはどんな人物なのでしょう??

 

 

松浦秀則の家族について。

松浦秀則氏は旅客輸送事業を展開し、世界のニーズをいち早く察知し、 見合った商品の提供を心掛けているそう。
地域に根ざした企業を目指しており、乗客輸送のプロとして交通システムを完備するため邁進し続けると あおい交通では紹介されていました。 

 

あおい交通が設立されたのは1957年9月1日。
この年から換算してももう65年くらいには会社は経営されているので、立派な会社だとは思いますが、 設立時期から松浦氏に家族がいたのか、奥さんがいたのかは分かっていません。

従業員数は150名とされているので、設立して軌道に乗ってからは結婚もされたのかもしれません。 ですが情報はありませんでした。

 

 

松浦秀則の子供について

結婚されていたらお子さんも何人かはいるかとは思いますが、何人いるのかも お子さんがいるのかもわかっていません。
今まで私生活の事は明かにされていない感じだし、あおい交通でもかなり苦労はされてきたようなので、 お子さんなどがいれば、松浦氏の大きな支えにはなっていたでしょうけどね。

また分かれば情報は追記しておきたいと思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

松浦秀則(あおい交通社長)の経歴や年齢も調べてみた

先程から苦労されてきた、など書いていますが、少し経歴もみておきましょう。

 

 

松浦秀則の経歴

松浦

松浦氏自身の経歴は出てこなかったんですが、 あおい交通の創業は1959年でタクシー3台でのスタートだったそうです。
細々と営業していたそうですが 1980年代に入り、近隣の日本ガイシ、オークマといった大手メーカーの従業員のマイクロバスによる送迎を手がけ始め、 事態は好転。

 

「特定旅客自動車運送事業の認定をとってスタートしましたが、これは特定の範囲の乗客のみを対象とする事業に適用されるものなので、発展性に乏しいという欠陥がありました。 ところが、より上位の資格である一般貸切旅客自動車運送事業(貸し切りバス)の認可はなかなかとれませんでした」 とそんな時期もあったそうです。

その後の規制緩和により、貸し切りバスの資格をようやくとれ、 空いていた昼間を利用して冠婚葬祭などの送迎、「会員制バス」、
更には 小牧市を皮切りに、犬山市、豊山町、大口町、北名古屋市、岩倉市(乗り合いタクシー)と近隣6市町が、 こぞってあおい交通に運営を委託するにまで成長。

 

松浦氏の敷居の低さの考え方や真面目にコツコツやってきた印象ではありますよね。

 

 

松浦秀則の年齢

松浦氏の生年月日や年齢などははっきりしておらず、 あおい交通の創業から考えるともう60代くらいなのかな?と個人的には思いました。

あおい交通の社長とか校友みたい、というツイートも出ていたりしましたが 松浦氏に関してはまだ情報がそこまででていないようだし、悪まで推測ですが。

 

またはっきりするかもしれませんが、今回の報道で事故の原因が過失だったとしたら この先の松浦氏とあおい交通の未来は、ないに等しいかもしれませんね・・・

 

 

【松浦秀則の家族と子供について。経歴や年齢も調べてみた】まとめ

●名古屋駅から愛知県営の名古屋空港に向かっていた空港バスが横転し、炎上。
事故を起こしたバスは、愛知県小牧市の観光バス会社「あおい交通」で代表取締役社長の松浦秀則の家族や経歴について調べたが殆ど分かっていない。

●あおい交通は1957年9月1日に設立され、これまで敷居の低い真面目さと地道さで経営されていた。

【スポンサードリンク】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。