ちむどんどんの比嘉暢子のモデルは?沖縄料理のシェフなの?

沖縄

女優の黒島結菜さんが、
2022年前期連続テレビ小説
『ちむどんどん』のヒロイン
「比嘉暢子」を演じます。

 

 

比嘉暢子のモデルとなる人物は
いるのか、沖沖縄料理のシェフ、
というのは本当なのか?

比嘉暢子のモデルって一体
誰なんでしょうね?

 

 

どんな生涯なのか、
比嘉暢子の人物像に迫ります!

 

 

【スポンサードリンク】

 

ちむどんどんの比嘉暢子の
モデルは?

 

『ちむどんどん』は
来年2022年に本土復帰50年となる
沖縄が舞台で、
「やんばる地方」のサトウキビ
農家の次女として育つ比嘉暢子を
黒島結菜さんが演じます。

 

 

「家族」と「ふるさと」の物語として
生涯が描かれるようですが、
比嘉暢子のモデルになった
人物はいるんでしょうか?

 

 

比嘉暢子の実在モデルは?

 

まだ情報がそこまで解禁されていない
こともあり、比嘉暢子の
実在モデルがいるかどうかは
分かっていません。

 

 

ネットでは

架空の人物

ということらしいのですが、
モチーフになった方くらいは
いるのかも?

 

 

ちむどんどんの脚本を担当される
羽原大介さんはNHK朝ドラ
「マッサン」の脚本も担当されてて、
マッサンにも実在モデルがいたから、
モデルはいる、という見解も出ています。

 

 

またモデルになっていそうな人物像が
出てくるかもしれません。

オリジナルなら、かなり
黒島結菜さんのオリジナル感が
物凄くでるヒロインにはなってきそう?

 

 

そういう部分もあれば、
楽しみにはなりますね!

 

 

比嘉暢子の半生やあらすじは?

 

比嘉暢子は沖縄本土復帰前の
沖縄本島北部やんばる地方で
暮らすの農家で生まれ育つ。

初めて食べた西洋料理に感動し、
シェフ目指すため、
本土復帰を果たした1972年に上京。

横浜市鶴見で暮らしながら
東京にある一流レストランで
修行することになる。

 

 

色んな出会いがあり、
運命の恋も!?

 

 

そしてついに沖縄料理店を
東京に出店することを決意することに
なります。

 

 

愛する沖縄料理に夢をかける
ヒロインと強い絆で
結ばれた4兄妹の笑いと涙の
「家族」と「ふるさと」の物語
となっています。

 

 

元気で前向きな暢子に
日々励まされ、元気をもらえるような
朝の15分間になりそうですね!

 

 

【スポンサードリンク】

 

ちむどんどんの比嘉暢子の
モデルは沖縄料理の
シェフなの?

 

比嘉暢子のモデルはまだはっきりして
ませんが、架空の人物・
オリジナルと想定すると、
沖縄料理のシェフで参考に
された方くらいはいるのかな?と
思いました!

 

 

沖縄料理のシェフのモデルは?

 

比嘉暢子の
モデルではありませんが、
黒島さんが沖縄料理のシェフで
参考にされたり、勉強されたり、
ということはあるかもしれません。

 

 

沖縄料理って味も
見た目も特徴的だし、魅力的。

ある程度の料理の所作や手順などは
撮影でも担当の方がいるとは
思いますが、黒島さんは演技が上手い。

 

 

とことん
役柄は追及されるでしょうし、
自身も沖縄出身だから、
行きつけだったお店や好きなお店の
味を覚えてたり。

役作りのために、
沖縄料理のシェフの事で参考に
したい人、気になる人はいるかも
しれませんね♪

 

 

2021年秋に
撮影がクランクインされるので、
どんな撮影になっていくのかも
楽しみにしたいと思います♪

 

 

ちむどんどんの比嘉暢子の
モデルは?沖縄料理のシェフなの?
のまとめ

 

●比嘉暢子のモデルは架空の
人物の可能性が高そう

●脚本が羽原大介さんなので、
後でモデルが分かるかも?

 

●沖縄料理のシェフで
黒島さんが参考にしたりする
人もいるかもしれない

 

☆ちむどんどんの主題歌が
気になった人はこちら!☆

【スポンサードリンク】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です