藤田誠卓越教授のノーベル賞は?略歴やプロフィール情報も!

科学

2021年のノーベル賞が10月4日から
発表されていますが、
化学賞は日本人が得意とする
有機化学の分野から選ばれる可能性が
高いとされています。

 

 

東京大の“藤田誠卓越教授”も
有力候補の1人として
あげられていますが、
ノーベル賞化学賞を
藤田誠卓越教授は
受賞されるのでしょうか?

 

 

CHECK!!藤田誠卓越教授のノーベル賞は?
略歴やプロフィール情報も!

 

として調べてみました!

 

 

【スポンサードリンク】

 

藤田誠卓越教授のノーベル賞は?

 

化学賞で今、有力視されているのが、
有機合成の研究で、
炭素と水素の結合を切断する効率的な
合成法に道を開いた大阪大の
村井真二名誉教授
精密な高分子材料を合成する手法を
開発した中部大の沢本光男教授

 

 

更に微細な穴でガスを吸着する
多孔性材料を開発した京都大の
北川進特別教授
中空の有機化合物を使って物質の構造解析を
行う手法を確立した東京大の
藤田誠卓越教授が、有力とされています。

 

 

藤田誠卓越教授は
日本人化学者の中でもトップクラス
とされ、化学が好きな人からすると、
受賞できる実力は十分にある!と
感じているかもしれませんよね。

 

 

Twitterなどでみていると、
2020年からノーベル賞候補にも
あがっていたとか!

香料業界にも貢献されていて、
「結晶スポンジ法」という
結晶化不要・極微量で可能な
分子構造解析をされていることでも
知られています。

 

 

香気成分は極微量で単離が大変、
・・・と言われると、
もう難しい世界になってくると
思いますが・・・💦

2020年からも期待の声はありました!

 

 

これまでの実績もあるので、
周囲からの期待も大きいとは
思いますが、
また受賞がどうだったのかは
分かり次第、追記したいと思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

藤田誠卓越教授の
略歴やプロフィール情報も!

 

ここまでみてみると、
普通ではイマイチ、どんな研究を
されてきたのかもわかりにくいかと
思うので、略歴を次にまとめて
いきたいと思います。

 

 

藤田誠卓越教授の略歴は?

藤田誠卓越教授は
東京大学大学院工学系研究科応用
化学専攻教授・
分子科学研究所卓越教授です。

 

 

主な略歴はこちら。

1976年
東京都立三鷹高等学校卒業
1980年
千葉大学工学部合成化学科卒業
1982年
千葉大学大学院工学研究科修士課程修了

1982年
相模中央化学研究所研究員
1987年東京工業大学工学博士
1988年千葉大学工学部 助手

1989年自己組織化による正方形の
有機金属分子(収率100%)を発見、
1990年発表。
1991年 同講師
1994年 同助教授

1997年 分子科学研究所助教授
1999年 名古屋大学大学院工学研究科教授
2002年 東京大学大学院工学系研究科教授
2010年 巨大中空球状分子
(直径7nm、48個の有機分子と
24個の金属イオン)を発表。

2013年
結晶スポンジ法による有機化合物の
結晶構造解析に成功

※ウィキペディアより引用

 

 

研究内容も見てみたんですが、

【分子間相互作用を利用して配位子と
金属イオンを自己組織化させることにより、
グリッド状あるいは球状の錯体の
形成する研究が有名。
100以上の新たな分子を合成している。

単に混合するだけでカテナンなど
複雑なトポロジーを持つ分子が
組み上がる研究、
また形成された球状錯体の内部で
起こる特殊な反応の研究などが
知られる。

 

とされていますが、
分子の合成方法をかなり研究されていて、
画期的な新素材や創薬につながる
研究として注目を集めていたり、
高い論文の被引用回数を誇ったり
しているのが藤田誠卓越教授。

 

 

科学の世界って奥深いので、
普通からすると難しく感じますが、
これまでに日本化学賞など、
受賞歴も凄いので、
やっぱり期待はされるわけですよね!

 

 

藤田誠卓越教授の
プロフィール情報も!

経歴はかなり書きましたが、
最後に藤田誠卓越教授の
プロフィール情報も載せておきますね!

名前:藤田 誠
生誕:1957年9月28日
年齢:64歳(2021年10月現在)
出身地:東京都板橋区

研究分野:多価配位子と金属イオンを
用いた自己組織化による球状錯体・
金属有機構造体などの研究

研究機関:東京大学大学院工学系
研究科応用化学専攻教授

出身校:千葉大学工学部合成化学科卒業
主な受賞歴:ウルフ賞化学部門(2018)

※ウィキペディアより引用

 

 

藤田誠卓越教授のノーベル賞は?
略歴やプロフィール情報も!

 

●藤田誠卓越教授は日本人で
トップクラスの科学者で
化学賞受賞の注目候補として
あげられている

●ウルフ賞化学部門など様々な
受賞歴があり、
分子の合成方法をかなり研究されていて、
画期的な新素材や創薬につながる
研究として注目を集めていたり、
高い論文の被引用回数を誇ったり
している

【スポンサードリンク】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です