特例給付廃止はいつ?所得制限の年収基準はいくらになる?

給付金 ②

日本政府が児童手当の
特例給付の廃止の検討していることが
明らかになりました。

 

 

待機児童解消の財源策として
投じられたようですが・・・
子育てされているご家庭には更に
不安でしかない・・・。

特例給付廃止はいつからなのか、
所得制限の年収基準は
どうなるのか、調べてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

特例給付廃止はいつ?

 

2020年はコロナの影響、2021年も
不安な一年になりそうな、
この政府の打ち出し。

 

 

あれ?
子育て世代を支援したいとかって、
以前お話されていませんでしたっけ??

あまりにも急な事で、
私も小さい息子を育てる身なので、
先行き不安でしかないのですが・・・

 

 

現状を知るためにまとめていきます。

 

 

特例給付廃止はいつになる?

 

まだ実施される日程までは
はっきりとしていません。

12月上旬あたりから具体的な事は
進めていくそうですが、
実施は来年度以降にはなってきそうですね。

 

 

変更内容としては、
現在中学生までの子供がいる世帯に
支給している児童手当で
所得制限を超える場合、
子供1人当たり月額5千円を支給する
「特例給付」を廃止する、といった
内容。

 

 

もう有無を言わさず、実施に踏み切る
だけでしょうし、いつまで給付は
受けれるのかも気になるな。

 

 

特例給付金はいつまで?

 

これも廃止前後にはなると思いますが、
廃止はいつからで、次月からの
支給からはなしです!・・・
いくらなんでもこれはない(笑)

今まで継続されてきたものを
政府の政策の都合で左右されるのも
しゃくに触るけど(笑)
支給に関しては、
また廃止の日程が決まり次第、案内が
あるとは思います。

 

 

支給がゼロになる場合もある?

 

共働き世帯で夫婦の年収が、
いずれも所得制限を下回る場合、
世帯の収入を合算した額が基準になるので、
満額支給されていた手当がゼロとなる
世帯も出てくるかと思います。

 

 

ただ、平成30年度から始まった
政府の「子育て安心プラン」では、
企業の拠出金を保育園の運営費に
充ててきたこともあり、
新型コロナウイルスの感染拡大で
打撃を受けた企業は沢山あります。

そういう企業では、負担が増えるのは
目に見えているし、一体どうすんねん!
って話。

 

 

一応、こうした事情も考慮し、
年収の基準を引き上げ、支給額が
ゼロとなる世帯を減らすことも
検討しているとも言われているみたい。

 

 

お子さんが多いご家庭には、
児童手当の増額支援策も検討している
とネットでは言われていますが・・・

一体どうなってしまうんでしょうね?

 

 

どんな政策内容にしていくのか、
はっきりするまではもやもやする日々を
送らないといけないのか・・・?

たくさん納税している人や、
日々精進されている人がダメになる
社会には、してほしくないですね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

特例給付廃止で
所得制限の年収基準は
いくらになる?

 

今回の政策でかなり廃止される
対象家庭が増えるかと
思いますが、現在の所得制限ラインから
どう変わってしまうのか?

調べてみました!

 

 

廃止前の所得制限ラインと
年収は?

 

所得制限のラインは扶養人数が
1人で660万円
年収の目安としては
(※サラリーマンの場合)
876万円

2人で698万円、年収は918万円。

 

 

扶養人数が増えると100万近く
年収も増えている計算ですが、
世帯で一番所得が多い人だけを対象に
計算されてきました。

 

 

今後は世帯全体の所得を合算して
計算することになり、
共働きのご家庭で支給廃止になる方たちは
増えるかも。

今後はどうなってしまうのでしょうか?

 

 

廃止後の所得制限ラインと
年収は?

 

これはまだ正確には出ていません。

 

 

また正式に発表があるかとは
思いますが、
現在の所得制限基準を据え置いたまま
特例給付を廃止した場合、
900億円程度の歳出削減効果を
見込んでいるそうなので、
所得制限の年収基準もそれなりに
なりそう・・・。

簡単には決められないことでしょうけど、
これ以上、
子育てしにくくなるのは嫌だ。

 

 

これだけは言いたいですね。

 

 

もっと
良い政策は出て・・・こないか。

 

 

特例給付廃止はいつ?
所得制限の年収基準はいくらになる?
のまとめ

 

廃止が決まるまでに、また色んな
不信感をあおるようなことも
あるかと思いますが、
正しい情報を入れていきたいなと
思います。

 

 

今回は、

●特例給付廃止は来年度以降

●所得制限の年収基準は不明

●支給額がゼロ、減額される
家庭が増える

こんな感じでまとめてみました。

【スポンサードリンク】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です