真犯人フラグ1話の視聴率とネタバレは?感想と評判も!

テレビ 画像

「あな番の再来」とも言われる
考察ミステリー『真犯人フラグ』
開幕!!

 

 

1話ではいきなり家族の失踪、
全てのキャストに不審なアングル、
仕事でのあわただしいクレームなど、
ホントに、事件の序章としては、
引き込まれるドラマでしたね!

 

 

これは視聴率なども期待できそう!?

 

 

CHECK!!真犯人フラグ1話の視聴率とネタバレは?
感想と評判も!

 

としてまとめてきます!

 

 

【スポンサードリンク】

 

真犯人フラグ1話の視聴率は?

 

初回放送がおわりましたが、
何とも盛りだくさんな内容で
あっという間でしたね!

 

 

かなり、SNSでも盛り上がっていたことも
あるし、やはり原案が秋元氏ということで
これは初回の視聴率も期待できそうですが
二桁発進にはなりそうな気がします。

 

 

考察系でしかもほぼ半年間の放送にも
なるので、この先の視聴率がどう変化して
いくのかも追っていきたいと思います。

 

ちけぞぅ
視聴率は分かり次第追記しますね♪

 

 

【2021/10/12 追記】

真犯人フラグの初回視聴率は
8.4%でした。

※平均視聴率が8.4%(世帯)
4.7%(個人)

 

 

来年1月期まで2クール連続放送に
なるので、このまま視聴率が
上がるのか?現状維持のまま
進むのか?

またみていきたいと思います!

 

 

【スポンサードリンク】

 

真犯人フラグ1話のネタバレは?

 

ここからはネタバレになります♪

家族の失踪

運送会社・亀田運輸の
カスタマーサービス部に勤務する
相良凌介(西島秀俊)は、
妻の真帆(宮沢りえ)、
高校2年生の娘・光莉(原菜乃華)、
小学4年生の息子・篤斗(小林優仁)の
4人家族で、一家は団地住まい。

建築中のマイホームの完成を
心待ちにし、円満で幸せな家族そのもの。

 

 

マイホームの建設現場の担当は
住愛ホームの林洋一(深水元基)。
幸せをかみしめているが、
通りがかりの猫おばさんが
【何もないといいけどねぇ】
変なことを言って猫を連れて立ち去った・・・

 

 

巷では、
エリンギ王と呼ばれた事業家が
階段から落ちて亡くなった
「エリンギサンタ事件」の噂で
持ちきり。

【犯人っぽく見える人が犯人とは
限らない。
真犯人はこれを見て笑ってるかもよ…】
とつぶやく凌介。

 

 

記念写真を撮りましょうと提案する林に、
サッカー好きで気が合う
篤斗が一緒に撮ろうと呼ぶが
真帆はなぜか顔を曇らせた・・・

 

 

そして金曜日。

 

 

いつものように出勤する凌介を
見送る真帆。
職場では配達の事故処理に
てんやわんやだった凌介は、
有能な瑞穂(芳根京子)に
助けられてなんとか乗り切った。

その夜、帰宅すると家族がいない。
連絡が取れず、
映画を観に行ったと思った凌介は、
ビールでも飲もうとするが、
在庫なし。

 

 

その時、大学時代の友人・
河村(田中哲司)からの誘いを思い出し、
凌介たちと同じ文学サークルにいた
日野(迫田孝也)のバー
「至上の時」の開店祝いへ。

河村も合流し、盛り上がった三人。

 

 

深夜に帰宅した凌介は、
真帆たちが帰っていないことに気づき、
真帆の母・志乃生(丘みつ子)に
連絡しても、3人は実家にも
行っておらず、
朝になっても帰ってこない・・・

 

 

警察に届けを出し
思わぬ方向に事態が変わりだす

凌介は警察に届け出ようと
外に出ると、
真帆のママ友でシングルマザーの
菱田朋子(桜井ユキ)と息子に出くわすが、
2人も行方を知らない。

 

 

警察に届け出をしに行くが、
家出の可能性もあり緊急性が
認められないと相手にされず。

真帆のパート先や光莉と篤斗の
学校を訪ねて聞き込みするが、
手掛かりはなし。

 

 

真帆は凌介には「遅番」と
言っていたのに実は早番で、
買い物もしないで帰ったことだけは
分かった。

 

 

真帆の両親と一緒に
篤斗のGPSでサッカー教室にいると
わかり、
義父の三郎と探しに行く凌介だが、
やはりいない。

GPSが落ちていて、ロッカーに
ユニフォームの切れ端が挟まって
いただけ。

 

 

見回りに来た
山田コーチ(柿沢勇人)の話では、
篤斗は忘れ物をしたといって
一度戻ってきたが5時半頃帰ったと。

 

 

凌介は、このことを河村に相談し、
事件性を感じた河村は
「記事にすれば注目されて
警察も動くかも」と、
週刊追求のネット記事にアップし、
「炊飯器失踪」のキーワードが
トレンド入りし、同情の声が集まる
ようになるが・・・

 

 

住愛ホームの林洋一は自分の姿が
家族写真に写り込んでしまい、
気分を害する。

途中、IT企業「プロキシマ」でも、
「炊飯器失踪」が話題になり、
メールを気にする橘一星(佐野勇斗)。

 

 

凌介は押しかけるマスコミに、
【ご飯が炊けてあったんです。
家族揃ってご飯を食べるつもり
だったはずなんです】と涙ぐんだ
映像でワイドショーを賑わせ、
刑事が訪ねてくるが、
阿久津(渋川清彦)はまるで
捜査する気がない。

 

 

謎のクール宅配便が
亀田運輸に届く・・・

YouTuberのぷろびん(柄本時生)が、
家族の失踪は凌介の陰謀で、
画像のボールペンの飾りから
勤務先が亀田運輸だと特定する。

 

 

亀田運輸には、
配達員の望月鼓太朗(坂東龍汰)が
「これ戻されちゃって」と
大きな荷物をカートに載せて
運んでくる。

 

 

差出人も凌介だが、箱の中身は・・・
【お探しのものです】と書かれた紙と
氷水に入れられた篤斗が入っていた・・・!?

 

 

真犯人フラグ1話の感想と
評判は?

 

いやー・・・
1話からキツイですね(笑)

 

 

まさかの
氷水に入れられた篤斗君で、
これで家族3人とも殺害されているかも!?
というフラグもたったかもしれませんが、
箱に入っていたのは本当に篤斗君?
と違和感はあったかな?

もしかして、
ユニフォームを着せた人形では?

 

 

篤斗君の葬儀のシーンが2話の予告には
なかったし、本当に殺されていたら、
普通に会社に行ける神経では
ないですよね💦?

 

 

しかも、全員怪しい描写が、
余計に考察するのに、難しいところ💦

 

 

展開が結構早かったので、
かなりみやすい感じにはなっていますが、
これが2クールどうやって最終的な
犯人にたどり着くのか、
気になるけど、面白かったです!

 

 

◆Twitterの感想と反応◆

 

 

真犯人フラグ1話の見逃し配信と
オリジナルストーリはHuluで
されているので、
気になる人はチェック!

 

 

真犯人フラグ1話の視聴率と
ネタバレは?感想と評判も!の
まとめ

 

●日曜ドラマ『真犯人フラグ』の
視聴率は二桁を超えてくると予想
したが、実際には
初回平均視聴率は8.4%だった

●ネタバレは文面に記載

●個人的には面白かった!
初回からキャスト全員が怪しく感じる
描写があな番を思わせる。
Twitterの感想は怖いなど、
注目できる感想が出ていた

【スポンサードリンク】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です