瀬戸勇次郎の高校や大学の戦績が凄い!警察官だったの?

柔道 画像

視覚障害者柔道の新星とも言われている
瀬戸勇次郎”選手のこれまでの
戦績が凄くて、私はびっくりしました!

 

 

瀬戸勇次郎選手は
修猷館高校時代からかなり活躍
されているので、
大学の戦績も調べてみることに。

過去に署長の画像が出ていたので、
前職が気になりました!

 

 

今回は

瀬戸勇次郎の高校や大学の
戦績が凄い!警察官だったの?

 

として調べてみました!

 

 

【スポンサードリンク】

 

瀬戸勇次郎の高校や大学の
戦績が凄い!

 

瀬戸勇次郎選手は
先天性の目の病気(色覚異常の一種)で
弱視(右は0.07、左は0.05)で、
人や物がぼんやり見え、
光をまぶしく感じるという障害を
もっています。

 

 

柔道と出会って、その後の人生が
劇的に変わるので紹介
していきますね♪

 

 

瀬戸勇次郎の高校の戦績は?

瀬戸選手が柔道を始めたのは
4歳のときで、きっかけが
2つ上の兄に誘われ、
スポーツ少年団に入ったことだそう。

この時点で地区大会などで活躍し、
中学、高校も部活動で柔道を続けて
いました。

 

 

高校は
修猷館高校に進学。

修猷館高校はスポーツ選手や
アナウンサーが出身でも有名な
高校です。

 

 

団体戦の全国大会である
金鷲旗高校柔道大会にも出場がきっかけで
視覚障害者柔道の関係者に
声をかけられ、高校3年で
全国視覚障害者学生柔道選手権に出場
されてます!

 

 

瀬戸勇次郎の大学からの戦績も凄い!

翌年の2018年、
全日本視覚障害者柔道大会
(男子66kg級)で
パラリンピック3大会金メダルの
藤本聰選手を見事に破ります!

現在は、福岡教育大学で
特別支援学校教諭になるための
勉強をしながら、柔道部で練習の日々。

 

 

2017年からの戦績もまとめて
おきますね!

 

 

★瀬戸勇次郎の主な戦績★

◆2017年

全日本視覚障害者柔道大会
男子66kg級 3位

◆2018年

全日本視覚障害者柔道大会
男子66kg級 1位

◆2019年

●東京国際視覚障害者柔道選手権大会2019
男子66kg級 1位
●IBSA柔道グランプリ バクー大会
(アゼルバイジャン)
男子66kg級 二回戦敗退
●IBSAアジアオセアニアチャンピオンシップ
(カザフスタン)
男子66kg級 3位

 

 

【スポンサードリンク】

 

瀬戸勇次郎は警察官だったの?

 

これまで柔道一筋のように
感じたので、署長の画像が出ていたので
意外だったんですが・・・

 

ちけぞぅ
前職は警察官だったの?

 

瀬戸勇次郎は一日署長経験あり

私がみたのがこのインスタ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SETO Yujiro(@yjiro_st)がシェアした投稿

 

 

【福岡県警糸島警察署の
一日署長に任命され、
年末年始特別警戒パトロール隊
出発式に出席】

と書かれていますね。

 

 

なので、一日署長経験がある、
ということで、警官では
ありませんでした!(笑)

 

 

でも、こうしてこれまでの経歴や
今後の活躍なども含め、
福岡県から評価されているというのも
素晴らしい事だと思います。

 

 

福岡県糸島市が誇る選手として、
東京パラリンピックでも
活躍されること、祈ってます!

 

 

瀬戸勇次郎の高校や大学の
戦績が凄い!警察官だったの?
まとめ

 

●瀬戸勇次郎は
視覚障害者柔道の新星と言われていて、
修猷館高校時代は
全国視覚障害者学生柔道選手権に出場、
福岡教育大学では
全日本視覚障害者柔道大会で1位など、
輝かしい戦績を主に残してきた

●現在は、福岡教育大学で
特別支援学校教諭になるための
勉強をしながら柔道をしている

●前職が警官というわけではなく、
福岡県糸島市で一日署長を務めた
経験があった

【スポンサードリンク】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です