岡本碧優の父と兄弟はスケートボード選手?コーチは誰?

スケートボード ミニ

プロスケートボーダーの“岡本碧優”選手が
東京オリンピックのスケートボード・
女子パークに出場されます!

名前の読み方は
「おかもとみすぐ」さん。

 

 

岡本碧優選手は
兄の影響でスケートボードを始めた
そうですが、世界ランク1位の実力で
東京オリンピックの切符を手にしました!

ご家族や父親、コーチがどんな方なのかも
ここでチェックしたいと思います!

 

 

今回は

★岡本碧優の父と兄弟はスケートボード選手?
コーチは誰?

としてまとめていきます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

岡本碧優の父と兄弟は
スケートボード選手?

 

岡本碧優選手は笑顔や雰囲気が
とても愛らしい選手。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Misugu Okamoto(@misugu0228)がシェアした投稿

 

 

でも、スケボーをすると、
プロの表情に変わり、カッコいい!

父親や兄弟もスケートボード
経験者なんでしょうか?

 

 

父親は直樹さん、母親は知里さん
お兄さんがいますが、
ご両親はスケボーの経験はなし。

お兄さんがスケボー経験者なんですが、
詳しい経歴や何かの大会に出場されていた
情報もなかったので、
趣味なのかな?と個人的には思いました。

 

 

親としては心配だけど、
岡本さんの意思を尊重されたので、
応援はされています。

スケボーのトリックの練習など、
怪我はつきものだし、安全でいて欲しいと
日々、願っているでしょうね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

岡本碧優のコーチは誰?

 

岡本選手のコーチは
笹岡拳道(ささおかけんと)さんです。

けんどう

 

 

この方、
2021年で28歳で、スケートボードの
プロ
父の賢治さんは、全日本のジュニアの
チャンピオンで影響をかなり受けたとか。

拳道さん自身は、
2012年の関西アマチュア・サーキットで
総合優勝し、日本スケートボード
協会公認のプロなんですが、この当時の
大会はパークスタイルの
コンテストがなかったので、プロとしての
戦績はありませんでした!

 

 

アメリカへ武者修行後に、
愛知県あま市のHi-5スケートパークの
TRIFORCE SKATEBOARD ACADEMYのスクール、
TRIFORCE MANAGEMENTという
マネジメント会社の代表として活動されています。

 

 

なぜ岡本碧優のコーチになったの?

岡本選手は
家族と一緒にスケートパークへ
通っていましたが、
笹岡建介プロの高いエアー見て衝撃を
受けたそうです。

そこで、笹岡拳道さんの
TRIFORCE SKATEBOARD ACADEMYに入ることに。

 

 

拳道さんは岡本選手のセンスを
いち早く見抜き、コーチになります。

 

 

スケートボードに専念するために、
2018年12月小学校6年の冬に転校を決意し、
なんと愛知県の親元を離れ、
岐阜県の笹岡家に下宿しながら、
日々練習と岐阜県の中学に通うことに。

 

 

それから以下のような戦績を残して
きました!

□岡本碧優の戦績

●2018年
スケートボード・パーク世界選手権
5位

●2019年
デュー・ツアー – 優勝
国際スケートボードオープン – 優勝
スケートボード・パーク世界選手権 – 優勝
VANSパークシリーズ アジア地区選手権 – 優勝
STUオープン – 優勝

 

 

2019年の優勝を総なめにしています!

 

 

高難易度な技に次々と挑戦し、
今度はオリンピックでの闘い。

 

 

岡本選手の活躍はライブ配信などで
視聴はできますが、おススメはタブレットや
スマホでの視聴!
見逃し配信などもこちらの記事を
参考に♬

同日、出場される
開心那選手、四十住さくら選手の
記事も書いていますよ♪

 

 

岡本碧優の父と兄弟は
スケートボード選手?コーチは誰?
のまとめ

●岡本碧優はスケートボードの選手で
世界ランク1位。

●父親や母親はスケボーの経験はなく、
兄がスケボーの経験があり、
岡本碧優も影響を受けたが、
兄もスケボーの選手という情報はなかった

●コーチはプロスケートボーダーの
笹岡拳道

【スポンサードリンク】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。