あと15秒で死ぬ(世にも奇妙な物語)の原作と犯人の正体は?結末が面白い!

懐中時計

榊林銘さん原作の『あと十五秒で死ぬ』
「十五秒」が2021年6月26日(土)放送
「世にも奇妙な物語 ’21夏の特別編」
実写化!

『あと十五秒で死ぬ』の主演は
吉瀬美智子さん、共演で死神役には
梶裕貴さん。

 

 

15秒での結末や犯人の正体は誰なのか?
死神のなせる技とは?
15秒で何が起こるのか??

再放送は
2021年11月6日(土)
13:35〜15:25
フジテレビで放送!

世にも奇妙な物語は
FODプレミアムでも配信中!
※二週間は無料で視聴できる♬

 

 

★ここでチェック★

あと15秒で死ぬ(世にも奇妙な物語)の
原作と犯人の正体は?結末が面白い!

としてまとめていきます!

 

 

【スポンサードリンク】

 

あと15秒で死ぬ(世にも奇妙な物語)の
原作と犯人の正体は?

2021年の夏も「世にも奇妙な物語」で
ゾクゾクっとした時間を過ごして
みませんか?

 

 

今回のお話は

【成る】

【デジャヴ】

【三途の川アウトレットパーク】

そして、【15秒で死ぬ】

 

 

どれも奇妙で時には怖そうな
ストーリーばかりですが、あと15秒で死ぬには、
原作があります。

原作は
榊林銘さんの原作『あと十五秒で死ぬ』の
「十五秒」というお話。

 

 

原作には、このあと衝撃の結末が/不眠症/
首が取れても死なない僕らの首無殺人事件といった
死神から与えられた余命十五秒シリーズも
収められていますよ♪

読んだ人やネットの評判は面白い!
とのこと!

 

 

 

主人公が犯人が分かりどうして自分が
殺されねばならないか?
犯人の正体と殺されなければならなかった理由、
心の変遷、僅か15秒を如何に効率良く使うかを
考え実行するところがかなり見所ではあるのでは
ないでしょうか?

短い時間でこうなるか!と
面白く読むことが出来るようですね!

 

 

あと15秒で死ぬの犯人の正体は?

なぜ、主人公は犯人に射殺されて
しまうのか?犯人はそもそも誰?って
話ですよね。

どこまで原作に沿っているかは分かりませんが、
犯人が原作と違うということは
ないかと思うので、
ドラマでの実際の犯人が誰だったかは
放送後に追記したいと思います!

もしかしたら、この中に犯人がいるかも!?

□あと15秒で死ぬキャスト・概要
あと15秒で死ぬ

◆キャスト
三上恵・・・吉瀬美智子
死神・・・梶 裕貴
宝林佐奈・・・山口まゆ
宝林頼子・・・赤間麻里子 他

◆スタッフ
●原作
榊林 銘『十五秒』
(東京創元社ミステリ・フロンティア
『あと十五秒で死ぬ』所収)

●脚本・・・荒木哉仁

●演出・・・城宝秀則

●編成企画・・・渡辺恒也、狩野雄太

●プロデュース・・・
中村亮太、関本純一

●制作・・・フジテレビ

●制作著作・・・共同テレビ

 

 

【2021/6/26 追記】

犯人は宝林佐奈だった。

母親の治療に携わっていた主人公を
撃ったわけだが、
どうやら、主人公に恨みをもっていた
ようですね!

ネタバレは記事後半に続きます!

 

 

あと15秒で死ぬのあらすじは?

深夜、診療所の薬剤室で、
作業をしていた薬剤師・三上恵
(みかみ・めぐみ/吉瀬美智子)は、
突如、体が動かなくなってしまう。

そして目の前に赤い飛沫(ひまつ)と
静止した弾丸が浮かんでいる。
自分の胸には一直線に伸びた血しぶきも見える。

 

 

“時間が止まっている?”。

 

 

わけがわからずにいると、
目の前に死神(梶裕貴)が現れる。
“この度はご愁傷さまでした”。
どうやら恵は背中を銃で撃たれて死んだようだ。
そして死神は恵を迎えにきたのだった。

しかし、実は恵にはまだ15秒間だけ寿命が
残っていた。
その15秒のカウントダウンの間は、
恵がスタートとストップをかけることができて、
自由に時間を止めたり動かしたり
できるという。

 

 

恵を撃った人物は誰なのか?
はたして犯人の動機とは?
そして残された15秒間で恵が取った行動は?

※世にも奇妙な物語・公式より引用

 

 

【スポンサードリンク】

 

あと15秒で死ぬ(世にも奇妙な物語)の
結末が面白い!

原作があるので、ここは
原作とドラマの違いがあるのかどうか?
結末がどうなるのか?

気になりますよね!

 

 

原作を読んだ皆さんの感想はこんな感じ。

表題作の十五秒は面白かった。今迄に読んだ事がなくワクワクした。
猟銃で背後から撃たれた女性に残された余命15秒。
そのたった15秒でどう犯人を示し道連れにするか。
現実世界の15秒という時間をいつでも好きなだけ
止められるというのがミソ。
ただし止めた時間の間は死神としかやり取り出来ない。
犯人が分かり何故自分が殺されねばならないか
分かった被害者女性の心の変遷、
僅か15秒を如何に効率良く使うかを考え
実行するところが読みどころ。
最後に予定外なことが起こるのも死神のなせるところか。
私は銃で撃たれた。が、死ぬまで15秒という所で
死神に時間を止められる。
さあ、考えろ!残り15秒というわずかな時間に
何ができるのか…。
表題作はよくできていてさすが受賞作と思える一編でした。

など、面白いと感じている人が多数!

 

 

結局、主人公は犯人を道連れにして
あの世にいくんだと思いますが、
それまでに大どんでん返しが起こりそうな
予感がしますね!

私もドラマでの15秒で死ぬを
楽しみながら、放送後に結末も
追記していきたいと思います♪

 

 

【2021/6/26 追記】

遺された15秒で主人公は時間を小刻みに
使ってまず、犯人の顔を確かめます。

犯人の宝林佐奈を追い詰めるため、
メッセージをの残すことに。

 

 

机にダイニングメッセージを残し、
感電死するよう、死ぬ前に仕掛ける主人公。

その時余命5秒になった主人公に死神が
人を殺害するという大罪を犯すことになる、
と言うが・・・

実は、鞄の中に入れていた睡眠薬を
佐奈の母親が盗み、遺書がみつかる。
母親は睡眠薬を飲んで命をたったのだが、
それを主人公は佐奈には話していなかった。

 

 

残り0.61・・・
窓の外からもう一度佐奈に射殺される。

そして、命つきた主人公。

その後。
感電した佐奈は目を覚まし、
証拠を隠蔽し始める。

 

 

ただ・・・佐奈がもう一つの証拠として
母親の遺書をみつけ、事実を知る。

遺書には娘と一緒に睡眠薬を飲んで
無理心中すると書かれ、
佐奈が飲むはずだった薬を主人公が入れ替え、
佐奈は命を救われていた・・・

恐らく、ラストは書ききれなかった
射殺相手の名前、“サナ”の文字が。
死神のいきな計らいで、幕を閉じた。

というお話でした!

 

 

これで主人公の想いは報われたのか??
ご想像にお任せします♪

 

 

あと15秒で死ぬ(世にも奇妙な物語)の
原作と犯人の正体は?結末が面白い!
まとめ

●榊林銘さん原作の『あと十五秒で死ぬ』の
「十五秒」が2021年6月26日(土)放送
「世にも奇妙な物語 ’21夏の特別編」で
実写化

●銃で撃たれた主人公が犯人気づき、
その後死神に与えられた15秒で
射殺相手の名前、“サナ”の文字が
書かれ、
死神のいきな計らいで、幕を閉じた。

【スポンサードリンク】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です