三途の川アウトレットパーク(世にも奇妙な物語)の原作は?ネタバレ・結末も!

特売

2021年6月26日(土)に
『世にも奇妙な物語’21夏の特別編』
「三途の川アウトレットパーク」が放送されます!

 

 

「三途の川アウトレットパーク」寺田浩晃さん
原作ですが、
ドラマでは加藤シゲアキさんが主演。

原作と違うなと感じた点もあったので、
結末とネタバレについてもまとめて
いきますね!

 

 

★ここでチェック★

三途の川アウトレットパーク(世にも奇妙な物語)の原作は?
ネタバレ・結末も!

ということで、ドラマのあらすじから
まずはみておきます!

 

 

【スポンサードリンク】

 

三途の川アウトレットパーク
(世にも奇妙な物語)の原作は?

三途の川アウトレットパークは
辺り一面に霧がかかっている河原で、
木村孝(加藤シゲアキ)が仰向けに
倒れて気を失ってるシーンから始まります。

三途の川にアウトレットって
凄く繋がり無さそうなんですが、
ドラマのあらすじが興味深いですよね!

 

 

三途の川アウトレットパークの
あらすじは?

加藤シゲアキ

辺り一面に霧がかかっている河原で、
木村孝(加藤シゲアキ)が仰向けに倒れて
気を失っている。

目が覚めて辺りを見回した木村は
“三途の川”と書かれた看板に気が付く。
“死んだのか?”と考えていると、
目の前に巨大なショッピングモールが見える。
立ち尽くす木村に冥界の住人・
サイノ(芋生悠)が声をかける。
“ようこそ、三途の川アウトレットパークへ”。

 

 

このアウトレットパークでは、
生前の行いに従って“徳”と呼ばれるお金を得、
そのお金で来世のための買い物ができる。
孝が持っていたのはたった古銭6枚。
生前に罪でも犯したのか?

そこで孝は、田中春(潤浩)という
少年と出会う。春は生前、病気で運動が
できなかったので、生まれ変わったら野球が
うまくなりたいのだと話す。
春は孝に、生まれ変わったらやりたいことが
あるかと聞く。
孝は生前、目つきが悪いということで、
度々トラブルに巻き込まれていた。
そこで、来世では目を変えてみたいと話す。

 

 

孝は生前、仕事先の病院で出会った入院患者の
大原芽生(島崎遥香)のことを思い出していた。
芽生は孝の目が好きだと言ってくれた
唯一の人だった。
親しくなっていくにつれて、孝は芽生の
病気を治したいと強く願うようになり、
あることを決意。
だが、志半ばで死を迎えてしまったのだった。
芽生は元気に生きているかな。

そんなことを考えていると、
目の前に芽生が現れる。
芽生の身に何が起こったのか?二人の運命とは?

※「世にも奇妙な物語」公式より引用

□三途の川アウトレットパーク・概要
◆キャスト
木村孝・・・加藤シゲアキ
大原芽生・・・島崎遥香
田中春・・・潤 浩
サイノ・・・芋生 悠 他◆スタッフ
原作
寺田浩晃『三途の川アウトレットパーク』
(小学館『サンデーうぇぶり』 掲載)脚本・・・安江 渡
演出・・・植田泰史
編成企画・・・渡辺恒也、狩野雄太
プロデュース・・・中村亮太、関本純一
制作・・・フジテレビ
制作著作・・・共同テレビ

 

 

ということで、
死後の世界に行く前の三途の川にあるとされる
アウトレットパークでの出来事のようですね。

ドラマのあらすじはそこまで原作とは
外れていないんですが、
ちょっと木村孝役の加藤シゲアキさんの
衣装と目の色が原作とは違っているので、
気になったかな?

 

 

三途の川アウトレットパークの
原作は?

三途の川アウトレットパークは
寺田浩晃さんの
『三途の川アウトレットパーク』
(小学館『サンデーうぇぶり』 掲載)
原作になっています。

 

 

電子書籍などで読める所がなかったんですが、
私はこのツイッターの動画などで
原作を視聴しましたが、とても
虚しさというか、何とも言えない気持ちに
なりましたね。

 

 

原作者の寺田さんが原作とは違う3人
言っているので、原作をみると、
すぐに違いはわかるかと思います。

ドラマの予告では、
主人公の木村は学ランを着ているんですが、
加藤シゲアキさん演じる木村は
革ジャン、しかも高校生ではない感じで、
目の色も気になりました。

 

 

原作でも木村は自分の目が嫌だと
言っていますが、目の色が夕日のようだと
大原芽生に言われているんですよね。

でも、ドラマの予告では、
なぜか緑色に近い瞳の加藤シゲアキさん。

 

 

後は、細かい人物設定ですよね。

ちょっとしたことが違うと思うんですが、
気になるのが最終的にどうなるのか?って
とこ。

 

 

原作の結末から予想される
ドラマの結末も書いてみました!

 

 

【スポンサードリンク】

 

三途の川アウトレットパーク
(世にも奇妙な物語)のネタバレ・結末も!

『三途の川アウトレットパーク』は
原作では、自分の現世での徳を
全て田中春に渡し、
人間になれる来世の権利を捨て、
大原芽生にもあるものを託します。

 

 

生前、大原芽生の病気を治すため、
300万を見ず知らずの女性から奪い
それを資金に手術してほしいとお金を
託した木村。

でも、実はその300万を持っていたのは
難病の田中春の母親でこれから海外に
治療に行くための資金だった。
元々裕福ではなく、両親の喧嘩が絶えなくなり、
春は自分で治療の注射器を抜いてしまい、
三途の川アウトレットパークにきた。

 

 

要は、木村が春の母親から300万
奪ったせいで、春を自殺に追い込んでしまった
ということなんですね。

それを自身で悟った木村は
後世の人間への生まれ変わりは辞退し、
虫への生まれ変わりになるはずだった
人物に、人間になるという後世を
取り換え、みんなそれぞれ違う人生を
また歩むことになる、というところまでが
原作のネタバレ。

 

 

大原芽生とは惹かれあっていたので、
お互い人間になってもう一度
出会いたいと約束した矢先の事だったから、
結末が悲しくもあるし、仕方ないのかな?と
思う所もある。

虫と思われる木村と、人間になったと
思われる大原芽生が偶然見つけたような
シーンまで描かれているんですが、
そこまでドラマで描かれるとは
何となくは思えないかな?という感じはしましたね!

 

 

原作の全ネタバレはこちらの動画で!

 

 

ドラマのネタバレと結末は
番組放送後にでもまた、追記したいと
思います!

 

 

【2021/6/26 追記】

ドラマでは、綺麗な目を再現するために、
目が緑になっていたんですね!

あと、ドラマではそこまで人物設定には
変わりなかったようですね!

ラストがちょっと違いました。

 

 

自分がみんなと同じ船に乗ることはできない、
自分が前世で犯した罪を償いたいと
手紙が大原芽生と春には託された。

それをみた2人は・・・
泣く泣く、来世人間の船へ。

・・・来世で生まれ変わった、
森野という野球選手、野球中継をみていた
カップルの女性、
その家にいた、虫が前世での三人、
という描写で終わりました。

 

 

そこまで原作とは違いなかったですが、
もう少しひねってほしい気もしたかな?

原作みると、やっぱり
そっちの印象が強くなってしまいましたが、
そこまでストーリーは変わって
なかったので、よかったと思いました♪

 

 

又吉直樹さん主演の『成る』
上白石萌歌主演の『デジャヴ』
吉瀬美智子さん主演
『あと15秒で死ぬ』についての
解説やネタバレも、こちらの記事で
是非楽しんで下さいね!

 

 

三途の川アウトレットパーク
(世にも奇妙な物語)の原作は?
ネタバレ・結末も!のまとめ

●『三途の川アウトレットパーク』は
2021年6月26日(土)に
『世にも奇妙な物語’21夏の特別編』で
放送される。加藤シゲアキ主演

●三途の川アウトレットパークは、
生前の行いに従って“徳”と呼ばれるお金を得、
そのお金で来世のための買い物ができ、
そこで出会った少年と、生前、想いを
寄せていた大原芽生、
主人公の木村のその後までが原作では
描かれている

●原作は
寺田浩晃さんの
『三途の川アウトレットパーク』
(小学館『サンデーうぇぶり』 掲載)

●ドラマでは原作とは違う人物設定に
なっているのと、
結末や細かい設定が原作とは違ってきそうなので、
ネタバレなどはドラマ放送後に追記

【スポンサードリンク】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です