佐伯耕三がアベノマスクと星野源コラボ発案?経歴とプロフィールは?

経歴 ⑥

官邸官僚の“佐伯耕三”首相秘書官が
アベノマスク発案者で
星野源さんとのコラボ動画を
発案者とも言われているようですね。

 

 

「全国民に布マスクを配れば
不安はパッと消えますよ」
そんなことからマスクを
配布するようになってしまった
ようですが・・・

この先が思いやられます・・・

 

 

事の真相を確かめるために
調べてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

佐伯耕三がアベノマスクと
星野源コラボ発案?

 

本当はもっと早く考案し、
先を見据えて、生産元や対応を
しっかりとしてほしかった国民への
マスク配布。

今ではアベノマスクと揶揄され、
配布されているものの中には
異物混入で配布停止にまで
なっている部分も。

 

 

今回、こんなことになる前に
どうやらマスクと星野源さんと
首相のコラボ動画に関して、
発案者だとされる人物が浮上している
ようですね。

 

 

佐伯耕三がアベノマスク発案者?

 

これはYahoo!ニュースから
抜粋しておきます。

「全国民に布マスクを配れば
不安はパッと消えますよ」

 

 

こう発案したのは、
佐伯耕三”首相秘書官と
報じられました。

 

こちらのツイッターでも
かなり断言されています。

 

 

週刊新潮でも言われていますが、
確かに発案した事実はあるようですが、
問題はこの後ですよね。

マスク配布を決めたんなら、
生産元や品質、国民への配慮を
もっとすべきでは?

 

 

どうも、
やっつけ感が出てしまっているし、
発案したのなら、
この方もマスク配布には最後まで
責任もってやってほしかったな。

そうは言ってももう遅いのですが。

 

 

発案者としては名指しされていますが、
それを具体的にどうすれば、みんなが
納得して安心できるのか、
そこまでの考えに至らなかったのは、
やっぱり微妙かなと思います。

 

 

佐伯耕三が星野源コラボ発案?

 

こちらも言われていますね。

 

 

『星野源さんとコラボすれば
若い人にウケますよ』
首相に佐伯耕三氏が耳打ちしたとも
週刊新潮は報じていますが、
事実、どうだったのか、
分かっていません。

 

 

かなり今回のマスク発案の件を
受けての不評でしかないと
私は感じたので、

星野源さんとのコラボ動画を
発案したとも疑われている

と言いたいかな。

 

 

はっきりしたことが分かって
いないので、何とも言えないと
思うし、
可能性はあるかも知れないけど、
違うかもしれない。

 

 

でも、何がいけないかって、

星野源さんの動画の意図が
全く政府が分かっていないような
コラボの仕方をしたようにしか
見えない

ってとこですよね。

 

 

ウケるとか受けないとか、
そこではない(笑)

 

 

コラボ動画に関してはもう
かなり皆さんも微妙な気持ちには
なっているかと思いますが、
佐伯耕三氏の発案であれば、
呆れるだけですね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

佐伯耕三の経歴と
プロフィールは?

 

ここまで言われている、
佐伯氏。

 

 

これまでの経歴ですが、
98年入省の経産省官僚で、
13年に内閣副参事官として
官邸の一員となると、安倍首相の
スピーチライターとして
活躍してきました。

17年7月には史上最年少の42歳で
首相秘書官(事務)に抜擢。

 

 

兵庫県の灘高から東大法学部
というエリートコースで
歩んできた人物です。

 

 

ですが、今では
政治家にも傲慢な態度でかなり
政界からの評判も良くないとか。

高圧的な物言いで体型からも
“官邸の金正恩”とも言われて
いるみたいです・・・。

 

 

プロフィールですが、
灘中学・高等学校、東大を卒業、
現在は総理秘書官
といった感じに。

 

 

今の役職をみると、アベノマスクや
コラボ動画の発案以外でも、
何だか全ての政策などが
怪しく感じる人も多くいるとは
思います。

 

 

佐伯氏の意見が圧倒的で首相を
上手くコントロールしている
印象も出てきてしまうけど、
いずれにしても、何も考えずに
事を
実行している感が
出すぎているだけかも。

 

 

発案されてそのまま政策として
ホントに乗り出しているのなら、
それこそに失笑してしまいますね。

 

 

今後、またどんなことが
世の流れを変えてしまうのか、
私もみていきたいと思います。

【スポンサードリンク】