エール(朝ドラ)古山裕一モデルの古関裕而とは?六甲おろしの作曲家だった!

作曲家

2020年3月30日(月)からは
朝ドラ『エール』!

窪田正孝さん演じる主人公・
古山裕一のモデルとされる
古関裕而”とは
誰なんでしょうか?

 

 

実は
あの名曲を生み出した作曲家であり、
数々の代表曲を残してきた
人物でした!

 

 

【スポンサードリンク】

 

エール(朝ドラ)古山裕一モデルの
古関裕而とは?

 

エールは主人公・古山裕一と
関内 音が出会い、
2人の半生を描いたドラマです。

2人に関わる人物たちも様々で
音楽がかなり関わってきそうなので、
音楽が好きな自分にはとても楽しみに
なりそう!

 

 

早速古山裕一のモデルとされる、
古関裕而氏について、
みていきましょう♪

 

 

古山裕一モデルは古関裕而

 

古関氏は、
生涯で約5000曲を生み出した作曲家
と言われていて、
スポーツ、歌謡曲、64年東京五輪の
「オリンピック・マーチ」も手掛けた
凄い人!!

一度は
銀行員として働いていたそうですが、
作曲家になるのが夢だった古関氏は
後に作曲家としての道を歩みます。

 

 

でも、古関夫妻の半生を描く朝ドラは
すぐに実現されたものではなく、
古関氏出身の福島市など、
2020年の東京五輪・パラリンピックに
合わせ、かなり要望されてきたとか。

古関夫妻の長男、正裕さんは
ドラマが東日本大震災からの
復興の一助になればと思うとも
話されていて、
やっと朝ドラ実現となったそうです。

 

 

古関裕而が作曲家になるまで

古関裕而、
本名古関勇治氏は、
明治42年(1909年)8月11日に
福島市有数の老舗呉服店
「喜多三」で生まれ、
幼少期から音楽や絵が大好きだった。

10歳で既に卓上ピアノで
作曲を開始。

 

 

家業「喜多三」の後を継ぐために、
商業高校に進学するが、
ハーモニカを日々携帯。
跡継ぎとしては程遠い、
音楽三昧な毎日で、その後、
実家の呉服屋は倒産。

渋々、地元の銀行に就職してからも、
作曲家の夢を捨てることができず、
憧れの山田耕筰氏に作品を送り、
交流を続けていた。

 

 

そんな中、ようやく古関氏が
世に認められる日が来る。

 

 

昭和4年、イギリスのコンクールで
入賞し、翌年、
憧れ続けた山田耕筰の推薦で
日本コロムビア専属になる。

 

 

作曲家の古関裕而は金子と
知り合う

2人が知り合ったきっかけは、
金子の熱烈なファンレターから。

金子は、
愛知県豊橋市出身で古関氏の
コンクール入選を知り、
なんと!ファンレターを送り、
3か月ほどの文通から福島へ行き、
昭和5年6月に古関氏と結婚!!

 

 

物凄いスピード婚で、
裕而さん20歳、金子さん18歳という
若さでした。

声楽家志望だった金子さんは
帝国音楽学校へ進まれています。

 

 

厳しい戦時中へ。
古関夫妻のその後は?

戦争のさなか、それでも作曲を
続けていた古関氏。

戦死した人々への思いが交錯し、
自責の念にかられるも、
奮起し、ここから本当の小関氏の
作曲家としての道が始まる。

 

 

戦後、同じ作曲家として生きてきた
者が先立つ中、
ラジオドラマの音楽や音楽番組の
審査員として、活躍するようになり、
作曲家としては一線を引くようになる。

 

 

昭和55年7月に、人生を共にし、
小関氏を支えてきた金子さんは死去、
小関氏も
体調が思わしくないことから
昭和61年(1986年)に
作曲生活から引退。

 

 

平成元年(1989年)8月18日に
脳梗塞で死去している。

 

 

古関裕而は国民栄誉賞を
授与されるほどの人物。

実は、古関氏が亡くなった後、
国民栄誉賞の授与が
遺族の方に打診されていたことが
ありました。

 

 

でも、
遺族の方は辞退されているんです。

古関氏の長男、正裕さんは
「元気に活動しているときならともかく
亡くなったあとに授与することに
意味があるのか」と
疑問を持たれたそう。

 

 

若い頃、正裕さんは父親の曲には
全く興味がなかったようで、
音大に進むことも、
父の活躍では自分はどうしても
日陰の存在になると、断念。

早稲田大学で数学科を専攻され、
新聞社に就職されました。

 

 

父のことは嫌いではなかったと
思いますが、国民栄誉賞なんて今更?
と疑問に感じたのも
なんだかわかる気がします・・・

古関氏に才能があったのは
確かだと思いますけどね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

エール(朝ドラ)古山裕一モデルの
古関裕而とは
六甲おろしの作曲家だった!

 

私は関西人なので、
六甲おろしの作曲家が
古関裕而氏と知って驚きました!

野球ファンではないのですが、
有名な阪神の応援歌を手掛けたとは
親近感ですね!!

 

 

古関裕而は
六甲おろしの作曲家

 

古関氏は母校の福島商業を始め、
青森山田や取手二など、
強豪校の校歌を手がけました。

阪神タイガースの「六甲おろし」を
始め、

読売ジャイアンツの
「闘魂こめて」、
「紺碧(こんぺき)の空」(早大)
「我ぞ覇者」(慶大)、
「紫紺の旗の下に」(明大)、
全国高校野球選手権大会の
大会歌「栄冠は君に輝く」

など沢山の曲を世に送り出して
きました!

 

 

でも、
極めて野球好きだったわけでも
なかったそうで(笑)

それで色んな球団に楽曲提供
出来たのでしょうね♪

応援歌を作る、
誰かの背中を押すようなエールを
送れる曲を作りたい気持ちは
戦後の楽曲で大きく表れていると
思います。

 

 

古関裕而をもっと知るには
古関裕而記念館へ!

 

朝ドラ『エール』を観れば、
古関氏の半生を知ることにも
なりますが、
福島市にある、古関裕而記念館では
古関氏を詳しく知ることが
出来ます。

 

 

作曲する際に使っていた部屋が
そのまま再現されていたり、
CDや書籍、業績や歴史がみれたり、
写真パネル、直筆色紙、
作曲作品の
楽譜等も展示されていますよ♪

 

 

音楽好きの人には勿論、
実際にみて古関氏の世界を知れば、
ドラマもまた違った視点だったり、
共感できる部分もあるかも
しれません♪

 

 

こちらからアクセスできるので、
ぜひみてみてくださいね♪

福島市古関裕而記念館

【スポンサードリンク】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です