トップナイフ6話の男性患者役の俳優は誰?山本浩司は韓国人なの?

患者

土曜ドラマ『トップナイフ』6話で
深山 (天海祐希)にクビを
切られたと言い張る、
自分の幻“ドッペルゲンガー”が
見えるという大澤卓司。

かなり難しい役だなと
感じましたが、この患者役を演じるのは
俳優の“山本浩司”さん。

 

 

調べていくと、
韓国に
関係している検索があったので、
どういうことなのか?
調べてみました!

 

 

【スポンサードリンク】

 

トップナイフ6話の男性患者役の
俳優は誰?

 

トップナイフ6話で
自分の幻“ドッペルゲンガー”が
見えるという患者・大澤卓司を
演じるのは、俳優の“山本浩司”さん。

 

 

どんな
経歴の持ち主なのでしょうか?

かなり演技の経験がある方なので、
驚きました!

 

 

山本浩司の経歴は?

 

山本さんは大阪芸大映像学科93年
入学の同期生である本田隆一さん、
横山浩基さんと共に
「ピーコック・フィルム」という
映像制作チームを結成され、
映画製作やバンド活動を精力的に
行っています。

2007年邦画助演での出演数
ランキングで3位(11本)という
記録をもち、若くして名脇役だと
言われている山本さん。

 

 

1999年に山下敦弘監督の映画
『どんてん生活』の主演
俳優デビューし、自身も監督、
また、個性派俳優として数多くの
日本映画やドラマに出演。

 

 

事務所のディケイドは
俳優・クリエーターのマネージメント、
音楽レーベル運営、
音楽・映像・イベントの
企画制作プロデュースを幅広く
展開しています。

 

 

こちらにこれまでの出演作と
今後の情報も載っているので、
是非見てみてくださいね♪

ディケイド

 

 

山本浩司の演技の評判・
魅力は?

 

トップナイフで演じる
大澤卓司という役柄。

 

 

6話の予告だけでもゾクッとする
演技でしたが
やはりその演技は本物。

山本さんの他の演技の評判は
どうでしょうか?

 

 

 

 

そうなんですよね💦

 

 

演技がリアルすぎて逆に
怖い瞬間すら覚えます💦

トップナイフでの大澤卓司という
人物もハマりすぎてると
思うし、期待しかないですが、
表情にも飲み込まれてしまう。

 

 

生のリアルさを生々しく伝えてくる
演技だと感じますね。

ドラマでの演技、
期待しておきましょう!

 

 

【スポンサードリンク】

 

トップナイフ6話の男性患者役の
俳優・
山本浩司は韓国人なの?

 

山本浩司さんを検索すると、
すぐに、韓国という検索が
出てきます。

これはどういうことなのか?
韓国の方なのかな?とも
思ってしまったので、
調べてみました。

 

 

山本浩司は韓国人ではない

 

山本さんは
福井県福井市出身なので、
この情報からだと、
日本人ですよね。

 

 

後、
なぜ韓国と検索されているのかが
謎なんです💦

特に韓国に関連した役柄もないので、
恐らく無関係。

 

 

山本さんは韓国人でも
なんでもないです。

 

 

ただ、同じ苗字の山本耕史さんが
日韓合作映画『彼岸島』に
出演されていたので、そこから
韓国と山本浩司さんも
検索されることになったのでしょう。

山本耕史さんも素晴らしい俳優さん
なので、少しややこしいですね💦

 

 

韓国人って言われると、
みえなくもないですが、
事実、違いました。

 

 

これで外国人の役柄とかあれば、
完全に日本人ではないと
思ってしまうかも💦

演技力も高い素晴らしい俳優、
山本浩司さんに今後も
注目ですね!

 

※トップナイフ6話の
女性患者役の吉田美佳子さんの
記事はこちらで読めます♪

【スポンサードリンク】