大岩義明(馬術)の実家は金持ち?所属や経歴・学歴も調査!

馬

馬術選手の“大岩義明”選手。

 

 

妻の武田麗子選手と結婚されたのち、
現在は東京五輪での
活躍が期待されている選手ですが、
実家がお金持ちとの噂。

気になる大岩義明選手の所属先、
経歴や学歴も調べてみました。

 

 

ヨーロッパでの競技歴が
10年という経歴、
これはどんな選手なのか、
気になりますね!

 

 

【スポンサードリンク】

 

大岩義明(馬術)の実家は金持ち?

 

馬術で東京五輪、と聞いても
ピンとすぐ来ない人は多いかも
しれません。

私もそうなんですが、
大岩選手を調べている内に
凄いなと感じましたね!

 

 

馬術はかなりお金がかかる
競技だとも言われてるようで
実家がお金持ち?とも
言われているみたいですね。

実際にはどうなんでしょうか?

 

 

大岩義明(馬術)の実家は
お金持ちだと言われてる

 

大岩選手は10歳から乗馬を始めた
そうですが、実は姉と妹も
同時期に乗馬を始めたそう。

今は乗馬体験などもあるので、
気軽に出来る趣味としても
有名になりましたが、
一体費用ってどのくらいなんでしょ?

 

 

調べてみたところ、
費用はざっくり、週に何回か
乗れる人なら年に40万円~50万円。

週に1回程度の人は年30万必要、
という感じ。

 

 

これも一例なので、
金額差は馬術の教室によって
誤差はあるかと思います。

これであれば、1回約5千円くらい、
一ヶ月で20000円ほど。

大岩選手のご姉妹は3人で通われて
いたので、
1か月で60000円くらいはかかって
いたのでしょうか?

 

 

日本中央競馬会主催の乗馬少年団
などでは、費用は1年で
4000~10000円程度、とも
言われているので、やっぱり
費用的には
一概には言えないですが・・・

 

 

大岩選手に関しては
大学まで出ていること、
ヨーロッパでの競技歴が
10年以上だったり、
拠点がドイツということもあって、
考えられるのは

比較的実家は裕福

ということ。

 

 

情報はありませんでしたが、
ご姉妹も大学まで進学されていると
したら、
それだけでも凄い金額にも
なると思います・・・。

 

 

【スポンサードリンク】

 

大岩義明(馬術)の
所属や経歴・学歴も調査!

 

大岩選手は一度、
馬術から
離れていた時期もあったそう。

経歴等も気になったので、
順に書いておきますね。

 

 

大岩義明(馬術)の所属はどこ?

 

 

 

大岩選手は
株式会社nittohに所属。

 

 

長野県に本社がり、
光学技術などを用いた事業を
展開されています。

 

 

光学関連機器の開発および製造、
プラスチック成形、金型製造
表面処理を行っている会社で、
もっと分かりやすく言えば、
映画館のスクリーンに
映し出すプロジェクター、
カメラのレンズなどに
株式会社nittohの製品が
使用されていますよ♪

 

 

大岩義明(馬術)の経歴

 

大岩選手は10歳から始めた乗馬を
大学卒業後に一度、
辞めてしまっています。

会社での仕事に打ち込むためか、
辞めざるをえなかった理由が
あると思いますが、詳しくは
明らかにされていません。

 

 

その後、馬術界に復帰、
イギリスで練習に励み、
2008年北京オリンピック、
2012年ロンドンオリンピックに
出場、
2016年リオデジャネイロオリンピックで
20位の成績をおさめ、
2020年の東京五輪のオリンピックの
練習に余念がないとのこと。

2018年アジア大会の総合馬術で
個人と団体の2冠、
同年世界選手権では団体4位という
戦歴!!

 

 

実力にも期待されています!

 

 

大岩義明(馬術)の学歴は?

 

大岩選手の最終学歴は
明治大学

それまでの学歴は
はっきりしていません。

 

 

出身地が愛知県なので、
小学校から高校までは地元の
学校に通われていたと思います。

明治大学出身だし、
それまでの成績も良かったのでは
ないのでしょうか?

 

 

大岩義明選手。
馬術界の選手として期待されている
選手だし、実は奥さんの
武田麗子選手も素晴らしい方なので、
今度は武田選手についても
調べてみたいですね♪

 

 

東京五輪での活躍、
期待しています♪

※大岩義明選手の妻、
武田麗子選手の記事も書いています。

【スポンサードリンク】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です