下町ロケット2の1話の視聴率とあらすじは?感想もまとめた!

この記事は4分で読めます

下町ロケット 画像 

あの人気ドラマ
『下町ロケット』2が、
続編、ゴースト
として帰ってきました!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

ドラマ的に今回も
キャストやストーリーが
注目を
集めているようだし、
またハマって
しまいそうです(笑)

 

 

1話を観て、
これこれ!(笑)って
色々思い返せたし、
今回も熱いドラマに
なりそうです!

 

 

早速

下町ロケット2の
1話の視聴率と
あらすじは?
感想もまとめた!

として書いていきますね!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

下町ロケット2の1話の
視聴率

 

流石!!といった感じの
13.9% という1話の
視聴率でしたね!

 

 

前回もかなり
面白かったし、
今回もまた無謀な挑戦やなぁ
と思っていましたが、
新しいキャストの方も
増えて、
見所は沢山あります♪

 

 

逆に初回でここまで
視聴率が出ているので、
2話からマンネリに
ならないよう、
祈るだけですね!(笑)

 

 

今後の視聴率にも
注目していきたいですね!

 

 

あらすじは?

 

ここであらすじを
まとめておきますね。

 

 

元宇宙科学開発機構の
研究員で、
ロケットの
打ち上げ失敗の責任を
とって辞職し、
現在は父親が遺した
下町の工場
「佃製作所」で
経営者として第二の
人生を送っている
佃航平(阿部寛)。

 

 

一度はあきらめかけた
佃の夢であった
ロケット製造を、
自社が開発した
バルブシステムを使用し、
日本を代表する大企業・
帝国重工の
純国産ロケット開発計画
「スターダスト計画」
により実現するなど、
順調な佃製作所だったが…。

 

 

ある日、
帝国重工の
社長交代により、
スターダスト計画は
次回で終わるかもしれない―
と帝国重工宇宙航空開発部
部長の 財前(吉川晃司)
から告げられ、
佃はショックを受ける。

 

 

ロケット製造に
関わることは佃の
夢であるとともに、
今や「ロケット品質」を
掲げる佃製作所社員たちの
精神的支柱にも
なっていたのだ。

 

 

そこへ追いうちを
かけるように、
大口取引先の
農機具メーカーから
小型エンジンの取引削減を
告げられる。

 

 

性能よりもコスト重視
という考えに、
技術力が売りの
佃製作所は
存在意義が揺らぎ始め、
佃は強い危機感を抱く。

 

 

そんな中、
佃製作所の経理部長・
殿村(立川談春)の
父親が倒れる。

殿村の実家は三百年続く
農家。
父親の看病と畑仕事の
手伝いに、
週末ごとに帰省する
殿村を見舞う佃と
山崎(安田顕)。

 

 

トラクターを運転する
殿村をじっと見て、
佃はあることに気づく。

それは、佃の中に
新たな夢が生まれた、
瞬間だった──。
※番組公式ホームページ
より引用

 

 

といったあらすじ。

 

 

これを見ているだけで、
わくわくしてきたし、
今回は更に
佃製作所の技術力の
高さと
前回のストーリーが
走馬灯のように
思い出せたあらすじでした。

 

 

内容的には、
王道なんですよね(笑)

でも、
やっぱり観てしまう。

 

 

頑張れってまた応援したく
なりました!

実際の感想を次に
まとめていきますね!

 

 

感想もまとめた!

 

相変わらずの壮大な
スケールさと
物語への期待があり、
迫力がありますね!

 

 

前回からの
続編ということで、
難なく、ドラマを
楽しめています!

 

 

ロケットに対する
情熱と感動が
溢れていますが、
冒頭から、
帝国重工が
ロケット事業から撤退、
ということで
佃製作所はピンチになりそう。

 

 

品質はいいが、
やはり中小企業は
こうしたことで、
なくなりかねません。

 

 

ダイダロス、
この会社が今回は肝に
なりそうですし、
また大変な展開に
なっていくことかと。

 

 

ここで、
トランスミッションの開発へ
乗り出す佃社長。

下町ロケット

 

 

無謀な挑戦が始まり、
財前部長に辞令が・・・

 

 

ラストに差し掛かり、
やはり、佃製作所は
ダイダロスへ
佃プライド、品質を
見せつけます!

やはり素晴らしいですね!

 

 

今回、ギアゴーストの
島津をイモトアヤコさんが
演じているのですが、
引き込まれましたね!

技術では上をいく
佃製作所。

 

 

ギアゴーストで佃の
バルブが採用、
トラクターの
トランスミッションへの
第一歩を踏み出します。

 

 

1話から、本当に熱い
闘いが始まり、
ストーリー展開が濃い!

そしてやはり
面白いですね!

 

 

前回のストーリーも
かなり面白かったのも
あるかもしれませんが、
正直、もうこれ以上の
シナリオはないな、
そう思っていたんです。

 

 

まさか、ロケットから
大地へ、
トラクターの
トランスミッションへの
挑戦になるとは!

 

 

視点を変えれば、
また続編も作れて
しまう可能性が
いくらでもありそうだなと
感じましたね!

 

 

視聴率も1話から
好調ですし、
2話からの展開も
期待したいです♪

 

 

最後に皆さんの
感想も載せておきます♪

 

 

みていて、個人的に
確かに竹内涼真さんが
出てることで、
陸王が何度も
よぎりました(笑)

 

 

だからといって、
同じような目線で
観たくないと
思いますしね。

私の中ではストーリーの
方が大事かも。

 

 

また2話の感想なども
どんどん書いていこうかと
思います!

 

 

※関連記事↓

工藤夕貴の2018現在の顔が変わりすぎ?若い頃と比較!

下町ロケットゴースト3話の視聴率と感想をまとめた!


【スポンサードリンク】







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 岡本玲 画像 ②
  2. 畦田 画像 ③
  3. こしきの宿
  4. 奥様 画像 ⑤
  5. 西郷どん 画像 ⑧
  6. 義母と娘 ⑥
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:ちけぞう


音楽と甘いものをこよなく愛する30代の女です。 日々好きなこと、興味あること、何でも気になったこと、書いております☆
出かける時はいつも晴れ!が唯一の自慢です(笑)

ふらっと立ち読みする気分で、覗いてやってください♪
ツールバーへスキップ