東芝危機と土光敏夫!サザエさん打ち切り乗り切る!

この記事は2分で読めます

東芝会社

東芝の経営危機で危ぶまれていた
「サザエさん」の打ち切り説が
乗り切ったようですね!

 

 

昭和からの日曜夜の冠番組だけに
打ち切り説が出た時は私も切なくなりましたよー!

 

 

あの昭和な感じがいいんですよね、サザエさん。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

これからも、根強く残って欲しいアニメですが、
東芝の経営も気になるところ。

一時免れたのはいいものの、
あまり、いい話はこのところ、
聞いていないですよね。

 

 

今回はその
東芝危機と土光敏夫!サザエさん打ち切り乗り切る!

について書きたいと思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

東芝危機と土光敏夫!

 

東芝の経営危機は
アメリカWH(ウェストハウジング)が元凶となっているようで、
平成27年に不正発覚し、以降決算発表の先送りが四度目に、
3月15日から上場廃止となる恐れがある「監理銘柄(審査中)」
に指定されるそうです。

 

再審査の結果によれば、
上場廃止になるそうで、危ぶまれています。

 

 

昭和40年、東芝の社長に迎えられた「土光敏夫」さんは、
「荒法師」とか「ミスター合理化」と呼ばれ、
当時の東芝は、実質上の破たん状態に陥っていました。

 

 

土光さんでなければ、東芝の再建は不可能とまで言われ、
経営危機を乗り切ったようです。

 

 

土光 敏夫(どこうとしお)
土光

生誕 1896年9月15日
  岡山県御野郡大野村(現在の岡山市北区)
  死没 1988年8月4日(満91歳没)
  東京都品川区出身
  出身校 東京高等工業学校(現:東京工業大学)
  職業 エンジニア、実業家、財界人
  東芝社長・経団連名誉会長、橘学苑理事長

凄い経歴ですよね!

土光さんが放った
「社員はこれまでの3倍頭を使え。重役は10倍働け。
君たちだけを置き去りにはしない。自分はそれ以上に働く」
という言葉に当時の社員は突き動かされ、

経営危機を乗り切った、
これが今求められている東芝の精神だと
思われているようですね。

 

 

昔の厳しい時代を乗り切ってきた方は本当に
強いと思います。

今の時代では成しえないことだと
感じますね。

こういうリーダーと精神が今の東芝には
あるのでしょうか。

 

 

本当に「サザエさん」が撤退してしまう前に、
奮起してほしいと願います。

 

 

サザエさん打ち切り乗り切る!

 

昨年からの視聴率低迷、下降が目立った「サザエさん」

さざえさん

 

 

ご長寿番組として多くの皆さんに愛され続けているから、
打ち切りなんて、悲しすぎる・・・
おかあさんといっしょの「横山だいすけ」さんが
卒業と同じくらい衝撃でショックでしたけど(笑)

 

 

やはり、強い!
見事に乗り切ってくれました!!
素晴らしい!

 

 

声優さんもかなり入れ替わっているし、
カツオ君と波平さんの声が今も違和感がありますが(笑)

日曜にみると、
なぜかホッとするんですよね。

見ないと月曜からまた頑張れない気持ちになるし(笑)

 

 

核家族などが増えてきた現代社会にはそぐわない、
なんて思われがちなところ、

サザエさんはカツオだけじゃなく
視聴者にもタフなんですね(笑)

 

 

でも昔からの雰囲気を抜かず、でも現代風なところも
ちゃんと盛り込んでくるし、
話の多さにもこれからも楽しみにしたいですよね!

 

 

東芝も「サザエさん」も
これからも末永く続いていって欲しいものですね!


【スポンサードリンク】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 星空
  2. ポスター
  3. アイキャッチ画像石田 
  4. 篠原ゆき子 画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:ちけぞう


音楽と甘いものをこよなく愛する30代の女です。 日々好きなこと、興味あること、何でも気になったこと、書いております☆
出かける時はいつも晴れ!が唯一の自慢です(笑)

ふらっと立ち読みする気分で、覗いてやってください♪
ツールバーへスキップ