川内優輝はシューズのこだわりが凄い!CMに出れない理由は?

この記事は2分で読めます

川内 画像

市民ランナーの“川内優輝”さんが
ボストンマラソンで優勝されました!

 

 

おめでとうございます!

 

 

日本人の優勝は87年瀬古利彦さん以来、
31年ぶりの快挙ということで
かなりの悲願だったと思います!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

ボストンは、
国際陸連が求める条件を満たしていない片道コースということで
公認記録とはならないようですが、
それでも凄いですよね!

 

 

きっと練習量も大変だったと思うのですが・・・

マラソン選手は履いているシューズもかなり重要だろうし、
川内さんが履いているのはどのようなものか、
調べてみることにしました。

 

 

今回は

川内優輝はシューズのこだわりが凄い!
CMに出れない理由は?

として書いていきますね!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

川内優輝はシューズのこだわりが凄い!

 

川内さんの簡単なプロフィールですが、
1987年3月5日生まれ、現在31歳の
埼玉県久喜市出身。

川内

身長は174cm、体重は66kgくらい。

鷲宮町立鷲宮中学卒業後、
埼玉県立春日部東高等学校、
学習院大学法学部政治学科経て、
埼玉県庁に勤務されています。

 

 

マラソンの練習中、怪我をよくしていたそうで、
練習で怪我をしては意味がないと、
走り込みは1週間に2回程度、
かなり珍しい練習方法とされています。

 

 

普通は大会などが近づくにつれ、
練習量を増やし、自身を追い込んでいくことを考えると
やはり特殊。

 

 

シューズもこだわりがあって、
アシックスのGT-2000シリーズを履いています。

川内 シューズ

 

 

ただ、本当のこだわりは、練習の時だけではなく、
通勤にも使っている点。

 

 

シューズについては
「実業団選手たちは薄いシューズばかり履いて、
それで怪我しているのだから、何の意味もないでしょう。
GT―2000シリーズが自分には一番合っています。
これにしてから、故障しなくなりました。
通勤ランもロングジョグもビルドアップもGT-2000でいけます。
1キロ3分半だって、可能ないい靴です。」
とコメントされているし、
自分にあったものをかなり探されたのかなと感じました。

 

 

普段から履いているし、
きっとより足に馴染んで、いつでも走れるようなコンディションに
自然となっているのかもしれません。

また頑張ってほしいですね!

 

 

CMに出れない理由は?

 

これだけこだわりがあるし、CMのひとつでも出ていても
当然のように感じますが、
弟の川内鴻輝選手ばかり出演されています。

 

 

理由は川内優輝さんは公務員をされているので、
世間的にみると、
シューズのCM出演などは副業と判断されてしまうんですね。

 

 

ボランティア、というわけにもいかないでしょうし、
出演してしまったら、よからぬ噂や
会社でもいい思いはしないでしょうし。

風当たりも強くなるかもしれません。

 

 

シューズのPRとかなら大丈夫なのかな?
でも何かしら、副業のような扱いにされるかもしれませんね。

 

 

川内さんは埼玉県庁に入庁していたようですが、

仕事は県立久喜高校の定時制に配属されていて、
12時45から21時15分まで平日働いています。

 

 

学校の会計や庶務業務など、
久喜高校が、今年開校100周年ということもあって、
学校行事も日々大変であるかと思いますね。

マラソンでの活躍と、公務員としての両立は
大変な部分もあるかと思いますが、
続けていってほしいですね!


【スポンサードリンク】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 渡部
  2. 村田 画像 ⑤
  3. 宮原 画像 ③
  4. 山下真湖
  5. 吉田選手 画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:ちけぞう


音楽と甘いものをこよなく愛する30代の女です。 日々好きなこと、興味あること、何でも気になったこと、書いております☆
出かける時はいつも晴れ!が唯一の自慢です(笑)

ふらっと立ち読みする気分で、覗いてやってください♪
ツールバーへスキップ