吉田知那美の戦力外通告は北海道銀行との確執が原因?

この記事は2分で読めます

吉田選手 画像

平昌オリンピックのカーリング日本女子代表の
吉田知那美”選手。

 

 

過去に北海道銀行から戦力外通告を受けていたという
情報がありました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

実力は強い選手ですし、今回のオリンピックでも
活躍されていますが・・・

どういうことがあったのでしょうか?

 

 

大変な過去があったのでしょうか?

 

 

今回は

吉田知那美の戦力外通告は北海道銀行との確執が原因?

ということについて、調べてみました!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

吉田知那美の戦力外通告は北海道銀行との確執が原因?

 

なぜ、このようなことが言われているのか、吉田選手の経歴などを
見ていきながら書いていきますね。

 

 

吉田選手は7歳からカーリングを始めていて、
9歳ですでに公式大会に出場しています。

2006年には、常呂中学2年生の時、
全日本カーリング選手権でトリノオリンピック日本代表チームの
チーム青森を予選リーグで破り、リーダーとしての
頭角を現しますが、
北海道網走南ヶ丘高校へ進学以降は思う様に結果が出ず。

 

 

結成していた「常呂JJ」のメンバーの進学が違うことで
練習が難しくなります。

 

 

その後、語学を学ぶためにカナダへ。
そこでの下宿先がカーリングコーチの家だったことで、
語学だけでなく、カーリングも学んだ吉田選手。

 

 

帰国後に『北海道銀行フォルティウス』のメンバーとしてチームに加入し、
ソチオリンピックで5位、
ですが2014年3月、北海道銀行フォルティウスから戦力外通告
受けてしまいます。

吉田選手

 

 

主力選手の病欠などもありましたが、十分にソチでは活躍した吉田選手には
あまりにも非常すぎる通告。

 

 

なぜなのでしょうか?

 

 

きっと、緊張は勿論、焦りも感じていたはず。

周りもベテラン選手でプレッシャーなども大きかったでしょう。

 

 

当時、吉田選手はこうコメントされていました。

前のチームではカーリング界の大ベテランの先輩たちのもとで
学ばせてもらって、ついていくのが正直必死な部分がありました。

それがソチオリンピックで、私の技術であったり
メンタル面だったりの不足が結果に現れてしまい、
チームを離れなさいという宣告になったと思っています

 

 

自身でも感じてしまっていたし、会社からも
結果が全てだったのか、実力がないと判断されてしまったことが
原因だった、ということですね。

 

 

確執があったかどうかは不明ですが、
やはり、実力を緊張の最中、
発揮できずにいたのは辛かったと思います。

 

 

ですが、今回の平昌オリンピックではきちんと結果を出せてきているし、
今後も注目されていく選手ではないでしょうか?

辛い経験だったかもしれませんが、
それが今に生きてきている、そう感じます。

 

※関連記事↓

本橋麻里は柴崎岳に似てるか検証!自分でかわいいと勘違いしてるの?


【スポンサードリンク】







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 川内 画像
  2. 吉田 画像 ③
  3. シリエ・ノエンダル 画像
  4. 村田 画像
  5. 坂本花織 画像 ④
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:ちけぞう


音楽と甘いものをこよなく愛する30代の女です。 日々好きなこと、興味あること、何でも気になったこと、書いております☆
出かける時はいつも晴れ!が唯一の自慢です(笑)

ふらっと立ち読みする気分で、覗いてやってください♪
ツールバーへスキップ